2015.03.03更新

歯周病は日本人が歯を失う原因の第一位です。
歯周病はひっそりとあなたに忍び寄り知らない間に深く進行していきます。
その為多くの方が無自覚で、気が付いたときには手遅れの状態なのです。

歯周病は歯を支える骨の大部分が溶けてしまい、歯が抜け落ちてしまう怖い病気です。
一度歯周病で溶けた骨をもとの状態にもどすのは現代医学をもってしても至難の業です。

歯周病の前段階である歯肉炎はすでに10代から20代の段階で6割が罹患していると言われています。
さらに35歳以上の8割が歯周病に罹患しているというデータがあります。
歯周病を軽く見ていると取り返しがつかない事態になります。
あなたの歯は大丈夫ですか。
宝塚市にお住いの皆様、自信がないようならぜひ当院にいらしてください。

投稿者: たかだ歯科