インプラントについて

インプラントとはどんな治療?

一度失った歯は二度と生えてくることはありませんが、インプラント治療によって、天然歯と同様の機能を取り戻すことができます。
インプラント治療は、チタン製の人工歯根を埋め込み、その上にセラミック製の人工歯を装着する治療法です。
歯根から歯冠まで修復するので、入れ歯のように脱着してケアをする手間がなく、見た目も天然歯のように自然です。
装着後は、毎食後のブラッシングと定期的なメンテナンスで、半永久的に使用が可能です。

インプラント、入れ歯、ブリッジの比較

インプラント

審美性
噛む力
口内衛生 優れる(手入れ要)
耐久性 優れる(手入れ要)
健康な歯を削る なし
違和感 なし
顎骨がやせる なし
手術 有り(麻酔下における手術)
診療形態 全額自由診療となります
治療期間 通常6~24週間程度

入れ歯

審美性
噛む力
口内衛生 不衛生になりやすい
耐久性 合わなくなる事が多い
健康な歯を削る なし
違和感 有り
顎骨がやせる やせる
手術 なし
診療形態 保険診療
見映えの良いものは、自由診療となります
治療期間 2週間~2ヵ月

ブリッジ

審美性
噛む力
口内衛生 不衛生になりやすい
耐久性 両隣の歯に負担
健康な歯を削る 両隣の歯を削る
違和感 少ない
顎骨がやせる やせる事がある
手術 なし
診療形態 保険診療
見映えの良いものは、自由診療となります
治療期間 2~3週間

インプラント治療のデメリットは?

自然な見た目、ストレスのない装着感など、治療効果の優れたインプラントにもデメリットがあります。
メリット、デメリットを理解した上で、治療に関するご不明な点などありましたらお気軽にご相談ください。

メリット
天然歯と同様にしっかり噛むことができます。
見た目が自然です。
他の歯に負担がかかりません。
食べ物の制限・口中の不快感を解消します。
義歯がしっかり固定されます。
入れ歯のように、ずれたり外れたりすることがありません。
デメリット
外科手術が必要です。
天然歯より丁寧な手入れが必要です。
骨造成を行った場合、治療期間が長くなります。
入れ歯やブリッジに比べて、治療費が高額になります。
治療後は、定期的なメンテナンスが必要となります。
体質や症状により、インプラント治療が適用できない場合があります。

インプラントの寿命はどのくらい?

人が物を噛む時、歯や歯ぐきには想像以上の力が加わっています。
また、ブラッシングやメンテナンスを怠れば、思わぬトラブルに繋がることになります。
インプラントは、天然歯以上に歯周病にかかりやすいため、歯周病のコントロールなしに治療することはできません。
当院では、歯周病コントロールとインプラント治療を組み合わせて、より長くインプラントをお使いいただけるよう治療を行います。

天然歯と同様の機能を持ち、快適な生活を取りもどすためのインプラント治療ですが、治療後の正しいブラッシング、定期的なメンテナンスは欠かすことはできません。
インプラントの寿命は、健康維持への関心度で大きく変わります。
毎日のブラッシング、定期的な歯科検診できちんとメンテナンスを行えば、90%以上の方が10年以上使用可能です。

治療には手術が必要?

インプラント治療を検討されている患者様には、カウンセリングに時間をかけて、メリット・デメリット、治療のリスクや治療後のケア・メンテナンスまで、納得いくまでご説明いたします。
インプラント治療の手術はおよそ1時間ほどですが、麻酔科専門医による静脈内鎮静法でリラックスした環境で受けて頂けます。
手術中は麻酔が効いていますので、痛みを感じることはほとんどありません。

早く治療を終えたいのですが?

インプラントという人工歯根を埋め込んで、セラミックの歯を取り付けるまで、最短で2ヶ月ほどかかります。
インプラントを埋める骨が少ない場合、骨を作るために約半年間が必要になります。