歯周病について

歯周病について

「一生涯を左右する歯周病
(歯槽膿漏)とは」

歯周病はかつて歯槽膿漏と呼ばれ、現代の日本では歯を失う最も大きな原因となっています。
歯周病の恐ろしさは、初期段階では自覚症状がなく、痛みなどの自覚症状が現われた時には既に骨が溶けて手遅れとなっていることです。
歯周病菌によって溶けた歯・骨は、現代の医療技術を駆使しても再生することはできません。
自覚症状がないため、自分には関係ない病気だと捉えられがちですが、実は日本人の70~80%、10~20代のような若年層でも60%の方がかかっているとも言われています。
一生、自分の歯で過ごしたいと思えば、まず歯周病対策をしっかり行うことが大切です。

歯周病の原因

歯周病を未然に防ぐ2つのポイント

歯周病は、細菌によって引き起こされる病気です。
口中に残った食べ物カス・汚れ・プラーク(歯垢)・歯石が媒介して、歯や骨を溶かすだけでなく、血液を通じて内臓にまで入り込み、他の病気を引き起こす原因にもなります。
歯周病を予防するためには、媒介するプラークや歯石を徹底的に除去することが大切です。
プラーク除去には、毎日の歯磨きがとても重要になりますが、ただやみくもに磨くだけではなく、正しいブラッシングで隅々までしっかり汚れを落とすことが大切です。
また、歯にこびりついて石のように固まった歯石は、歯磨きだけで落とすことはできませんので、歯科医院で行うクリーニングが必要です。
歯周病対策としてご自身でできることは、毎日の歯磨きを正しい方法で行うこと。
そして、定期的に歯科医による検診を受けることです。
自分の歯・お口の健康を意識することが、歯周病を未然に防ぐ最大の予防策です。

歯周病とタバコの関係

歯周病菌を媒介するプラークと並んで、大きな原因となるのがタバコです。
タバコに含まれているタールが歯の表面に付着し、プラークを付きやすくします。
さらに、ニコチンが歯ぐきの血管を収縮させるために血液の流れが悪くなります。
酸素や栄養が十分に行き渡らなくなった歯ぐきは、抵抗力が弱くなり歯周病を早く進行させることになります。
歯周病の初期症状の一つとして「口臭」があります。
喫煙者は、非喫煙者と比較して口臭に対する意識が低いため、口臭の変化に気づきにくく、結果として喫煙者は歯周病にかかりやすく発見が遅れがちになります。
また治療の成果が出にくいなど、歯を失うリスクが高くなります。

このように、歯周病を未然に防ぐには、自分自身が口中の健康状態を意識し、セルフケアをしっかり行うことが80%、残る20%は、歯科医の定期検診でしっかりケアすることが大切だと言えます。

歯周病の症状と全身疾患との関係

初期症状(歯肉炎)

健康な歯肉はピンク色をしていますが、歯肉炎を起こすと血管が拡張して歯肉が変色します。

歯ぐきが赤黒い
歯ぐきが腫れている
歯磨きで出血する

進行症状(歯周炎)

歯肉が下がり、歯を支える力が弱くなります。

歯が長くなった
食べ物が詰まりやすい
押すだけで血や膿が出る
口臭が気になる
歯がグラグラする

歯周病が引き起こす全身疾患

食べ物や血液から内臓に入り込んだ歯周病菌との因果関係が確認されている疾患があります。

糖尿病
肺炎
虚血性心疾患
低体重児出産
早産

歯周病予防は、このような疾患に対する予防にも繋がります。
歯周病の早期発見・早期治療は、全身の健康を守るためにも非常に重要です。

歯周病(歯槽膿漏)の治療

歯周病は、目に見えない歯ぐきの奥深くに入り込み、歯の根や顎の骨を溶かす恐ろしい病気です。
基本的な治療法は、まず綿密な検査で症状を把握し、原因を取りのぞく「原因除去療法」を行います。

当院では、プラーク・歯石の状態、歯肉の炎症症状、歯槽骨の吸収度合い、咬み合わせの状態などを正確に診断し、その結果を基に治療方法を決定します。
診察や検査の結果、処置内容、今後の治療スケジュールなど、患者様にわかりやすく具体的にご説明させて頂きます。
治療に対してご理解と同意が得られた方のみ治療を開始しますので、不安や疑問な点も納得いくまでご相談ください。