予防歯科について

予防歯科

欧米では一般的に行われている「予防歯科」ですが、近年は日本でも注目されています。
予防歯科は、虫歯や歯周病の進行を事前に予防し、口中だけでなく全身の健康状態を保つためにも必要な歯科医療です。一生涯を通じて自分の歯を残し、いつまでも美味しく食事ができる健康管理のために、歯科医院でのプロケアを始めましょう。

歯周病予防

歯周病は、歯周ポケットに入り込んだ細菌が、プラークを媒介して歯や骨を溶かす恐ろしい病気です。初期段階では痛みなどの自覚症状がないため、早期発見には歯科医による定期検診が不可欠です。
歯周病を予防するには、プラークを確実に取りのぞき、細菌が繁殖するのを防ぐことが重要です。

ブラッシング指導で、正しい歯磨き習慣

〝毎日歯磨きを欠かさないのに・・・〟
〝時間をかけてしっかり磨いているのに・・・〟

歯周病は、成人の80%がかかっていると言われる歯の病気です。そんなに多くの方が、ブラッシングをしていないとは考えられません。それでは、歯磨きで歯周病は予防できないということでしょうか?

「磨いている」と「磨けている」の勘違い

時間をかけてゴシゴシこすれば、磨いたつもりになれます。しかし、本当に磨けているかどうかは別問題です。
お口の中や歯の形状は、一人一人違います。つまり、適切な歯磨きの方法も一人一人違うということです。歯ブラシが届かない部分は、歯間ブラシ・デンタルフロスなどの補助器具を併用しながら、自分に合ったブラッシング方法を身につけることが大切です。

歯磨きセルフチェック

自分にあった歯ブラシを使っていますか?
正しい歯ブラシの持ち方を知っていますか?
正しい位置に歯ブラシは当たっていますか?
磨く順序は正しいですか?

生活習慣の改善と歯周病の関係

歯周病予防

毎日の生活の中で、無意識にしていることが歯周病や虫歯の原因となっていることがあります。お口のトラブルを予防するには、食生活や生活習慣を改善して原因を取りのぞくことが大切です。

  • 繊維質・ビタミンCが豊富な食物で、バランスの良い食生活を心がけましょう。
  • 喫煙習慣は、プラークが付きやすく歯周病の原因となります。
  • 抵抗力をつけて、歯周病に負けない健康な身体づくりを心がけましょう。

虫歯を予防する4つのポイント

虫歯の原因は、歯質・虫歯菌・糖質・時間といった4つの因子だということが解明されています。つまりこの4つの原因を改善することが、虫歯にならない環境づくりに繋がります。
当院では、虫歯の原因菌の強さを測定し、患者様の症状に合わせた予防計画を提案しています。

1

フッ素で歯質を強くする

フッ素塗布・フッ素洗口・フッ素入り歯磨剤などを用いて再石灰化を促し、歯質強化・耐酸性を向上させます。

2

ブラッシングで虫歯菌を退治する

プラーク(歯垢)の中には、ミュータンス菌、ラクトバシラス菌といった虫歯菌が存在します。正しいブラッシングを身につけ、これらの虫歯菌を取り除きましょう。
当院では定期的なPMTC、及び3DS(Dental Drag Derivery System)を推奨しています。

3

代用甘味料でプラークを抑える

虫歯菌は、砂糖(ショ糖)を分解して歯を溶かす酸を生成します。砂糖の代わりにパラチノース、キシリトールなどの代用甘味料を使用することで、プラークの生成を抑制することができます。
食べ物や間食には、キシリトールガムやショ糖を含まない食べ物を選ぶようにしましょう。

5

規則正しい食生活で、口中環境を整える

食事をするとプラークのpHは歯を溶かすほど下がりますが、時間が経つと、唾液の働きで正常な数値まで回復させることができます。つまり、間食をすると回復する時間が短くなり、結果として歯が溶ける時間が長くなります。

3ヶ月に1度のPMTCで予防する

P・・・プロフェッショナル(専門家)
M・・・メカニカル(器械)
T・・・ティース(歯)
C・・・クリーニング(清掃)

どれほど丁寧にブラッシングをしても、歯科医でしか除去できない歯の汚れがあります。歯ブラシが届かない部分や磨き残してこびりついた汚れを、歯科医が専用機器を使用してクリーニングすることを「PMTC」と言います。
自分では落とせない歯周ポケットの奥に入り込んだ汚れや歯の根までキレイに清掃することで、虫歯や歯周病の原因となる悪玉菌を取り除くことができます。
当院では、お口の中を清潔に保つために、3ヶ月に一度のPMTCを推奨しています。